前へ
次へ

賃貸マンションは利点も多い

賃貸マンションは素敵で投資用アパートに自分で済むのは可能です。
投資用物件、自宅用物件そのものに明確区別はなくてアパート経営、マンション経営のために買ったか、自宅用としてかったかという物件用途の違いしかないです。
また、賃貸併用住宅は住宅ローン利用して建てられて金利優遇されます。
賃貸スペースから収入返済充てられて、負担軽減されます。
賃貸経営用に新築アパート、マンション購入するとき建築系アックの段階から自分も参加できて物件外観、広さやキッチンなど設備面を自分で決められます。
そしてオーナー使用部屋も設けられていて収益物件でありながら自分好みの部屋住めます。
不動産投資ローンで一棟購入して、その一室に非分も済むケースですが、住宅ローンより金利高くなりますが、別で自宅借りたり買ったりする手間なくなって物件状況によりメリットになります。
そして、アパート、マンション経営用の物件住むにはメリットありますが、無視できないリスクがあります。
投資用に買った収益物件住むとき住宅ローンより金利高い不動産投資ローンしか利用できません。
賃貸マンションはこれからはやります。

Page Top